経営戦略支援サイト

   プランドゥ・アシスト
ホーム > やくざ映画に学べ! > 仁義なき戦い 代理戦争
2009. 7/ 1 仁義なき戦い 代理戦争その1(第3作)
1973年。監督 深作欣二。脚本 笠原和夫。出演 菅原文太、小林旭、梅宮辰夫、渡瀬恒彦。
 
◆新しいことには、心して対処すべき 「知らん仏より、知ってる鬼のほうがましじゃけんのう」
 

仁義なき戦い 代理戦争
仁義なき戦い
代理戦争

下記のアイコンを
クリックすると、
映像がご覧になれます。

仁義なき戦い 代理戦争
プレビュー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無冠の男  松方弘樹伝 [ 松方 弘樹 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/30時点)


広能昌三(菅原文太)が親分である山守組組長(金子信雄)に対しての考え方を山守組若頭の武田明(小林旭)に向かって語ったセリフです。

仁義なき戦い」シリーズ3作目となる「仁義なき戦い 代理戦争」は、シリーズの中でもアクション映画としての派手さはありませんが、やくざ社会の人間模様が面白く(?)描かれており、たいへん興味深い作品です。管理人の好きな1本でもあります。

本作では、神戸の明石組と神和会の2大勢力の下で、いずれに組するかで揺れる弱小組織のやりとりが描かれています。

実際にあった山口組と一和会の抗争がベースです。

競争、喧嘩、戦争、これらに遭遇したとき、未知の相手に対しては、恐怖が先立ちます。
しかし、知っている相手ならば、戦法や癖も知っており、戦術がたてやすい、ということです。逆に相手にとっても同じことがいえます。
そういった状況を喩えた名言でしょう。

しかし、このルールで生きていたならば、進歩がありません。未知の世界へ立ち向かうことで、道が開け、進歩することもあります。なかなか未知の世界へ飛び込むのは、億劫ですが、臆することなく、踏み込んでみましょう。

前向きに。捨てる神あれば、拾う神ありです。そんな言葉を支えに・・・

ただし、気をつけなければ、ならないケースもあります。
社会人として年数を経ていない場合、どうしても新しい会社がよく見えてしまうこともあります。
しかし、実際は、その会社がどのような会社であるかはわかりません。
内部にはいってから、始めてわかることも多くあります。
自己都合で退職し、転職した結果、自身の環境が改善されるか否かはわかりません。

新しいことには、それなりに時間をかけて検討し、心して、立ち向かうことが重要です。

ホーム > やくざ映画に学べ! > 仁義なき戦い 代理戦争
All Right Reserved by PlanDo assist. Established from Jan. 2008.