経営戦略支援サイト

   プランドゥ・アシスト
ホーム > やくざ映画に学べ! > 仁義なき戦い
2008. 10/ 4 仁義なき戦い その4(第1作)
 1973年。監督 深作欣二。脚本 笠原和夫。出演 菅原文太、松方弘樹、梅宮辰夫。
 
◆「男は云々」という
 言葉には、要注意 part1
「男が世に立つ以上は、人の風下に立ったらいけん。
 一度舐められたら、
 終生取り返しがつかんのがこの世間いうもんよ、のう。
 ましてや侠客渡世ならなおさらじゃ。
 時には命を張ってでもという性根がなけりゃ
 親分といわれるような男にはなれんわね。
 のう、新開さん、あんたも男になりんさい!
 わしがなんぼでも応援してあげるけん」
 

仁義なき戦い
仁義なき戦い

このセリフは、「仁義なき戦い」の仲で、某市会議員が山守組を乗っ取るよう、組員の新開をそそのかすセリフです。

このように
「男云々」という言葉を聞いて、踊らされた人は、命を奪われる運命を歩むことになります

会社でも、トップから、「この仕事ができたら一人前だ。応援してやる」とか、「男なら、社長を目指さなくて何のサラリーマンか、思い切ってやれ」、等々の言葉を吐く人間には、注意が必要です。

それらの言葉に踊らされないよう注意しないと、映画では殺されてしまいます。
ビジネスや現実では、そこまで行かないにしても、たいへんな眼にあうこと必然です。
上司から、このような言葉を投げかけられたら、みなさん、気をつけましょう。

ホーム > やくざ映画に学べ! > 仁義なき戦い
All Right Reserved by PlanDo assist. Established from Jan. 2008.